ご挨拶

立憲民主党広島県第4区 上野かんじ

より皆様へご挨拶申し上げます

詳しく読む

プロフィール

上野 かんじ

Ueno           Kanji

生年月日:1982年9月24日(37歳)

広島市の病院で出生、府中町で育つ

詳しく読む

政策

上野 かんじ 3つの約束

1、災害や危機に強い国・まちを創る

2、家計にやさしい経済を創る

3、安心できる社会保障を創る

詳しく読む

インタビュー

上野 かんじへインタビュー

これまでの経験や政治のこと、趣味などプライベートのことまで、インタビューしました。

詳しく読む

上野かんじ ご挨拶

 今のこの国は、明るいでしょうか?消費税増税による急激な消費の落ち込み、そしてコロナウイルスの感染拡大に伴う国の遅すぎる対策、それによる中小企業の業績悪化、この国は今、普通に生活するということが難しい社会となりつつあります。

 

 2018年西日本豪雨災害が起きました。何度も訪れたことがある場所が変わり果てた姿になり、私の友人も被災いたしました。この状況をなんとかしないといけないと必死でボランティアに励む中、被災された方々の声を国政に届けなければならないという想いが強くなりました。

 

 私は、復興庁時代、津波で被災した集落の復興計画を作る仕事をしていました。その時、住民が行政にやってほしいことと、霞ヶ関が考えた政策の間に、ミスマッチがあり、住民説明会が紛糾したことを今でも思い出します。住民の声が霞ヶ関に届いていなかったのです。私は、この経験から住民の方々の思いを届ける「架け橋」となることを強く決心しました。

 

 今、その思いは西日本豪雨災害を経て、より強くなっています。皆様の声を形にして「架け橋」となることをお約束いたします。

生活者目線での政治を実行し、この国の明るい将来のために、改革を実行してまいります。是非とも私の活動に対してご支援のほどよろしくお願いいたします。

上野かんじ プロフィール

上野 かんじ

Kanji  Ueno

生年月日  1982年9月24日(38歳)

略歴

 

1982年 9月生まれ

                    広島市の病院で出生、府中町で育つ

      りゅうせん幼稚園、府中南小学校

1998年 広島工業大学附属中学校(現なぎさ中学校 )卒業

2000年 ニュージーランド ロングバーン・アドベンティス

                   ト・カレッジ(高等学校)卒業

                   単身ニュージーランドへ行き寮生活を経験

2005年    明治大学政治経済学部 卒業

                   奨学金を受けながら勉学に励み、トルコ共和国で海

                   外インターンを経験

                   パイオニア株式会社勤務

     海外営業部として北米を担当し、海外メーカーと

     市場で競合

2009年 独立行政法人国際協力機構(JICA)青年海外協力

      隊参加

                   貧困と向き合うべく、ドミニカ国へ。学校を巡回

2012年 英国エディンバラ大学大学院政策学修士課程修了

                   専門性を高めたいと決意し、同じ立憲君主制で議

     会制民主主義を採用するイギリスへ

2013年 復興庁宮城復興局勤務

      復興支援専門員として気仙沼市役所にて被災漁業

                    集落の復興計画を担当

2014年 介護福祉会社勤務

      デイサービスの管理者・生活相談員などを通じ、

      高齢化社会を考える

2017年 第48回衆議院選挙選挙出馬

      16,803票いただくも惨敗

2020年 立憲民主党広島県第4区総支部長 就任

      地域を歩いて、住民と対話し、声を国政に届けるた

                    め、日々修練中!

資格

 

・浄土真宗本願寺派 萬福寺 副住職

・英語(TOEIC940点)

・全国通訳案内士

地域活動/政治活動

 

広島土砂災害コミュニティサポート

認知症カフェ「はーとふる喫茶」

子ども食堂「はーとふる喫茶」

上野かんじ 政策(3つの約束)

上野かんじ インタビュー

上野かんじへのインタビュー

 

Q1 : 政治に対して、素人という声がありますが?

A : 誰でも、一番最初に始めるときは「素人」と呼ばれるも

   のです。そもそも政治とは、国民のための政治ですから

      皆が係われるべきものだと思います。

      その「みんな」が関係することだから、色々なことを知

      っていなければならない。

      だから私は、すぐに政治の世界に入るのではなく、サラ

      リーマンや海外開発援助活動、行政勤務、中小企業の経

      営等を担ってきました。より多くの人の意見に耳を傾けら

      れるかが重要だと思っています。

Q2 : ご家族は?

A : 去年結婚しまして、今は妻と二人の新婚生活です。

      実家では犬(甲斐犬と洋犬の雑種)を飼っています。

      保健所で殺処分されるところだったようで知り合いから

      譲り受けました。

      今では、家族の一員として留守番をしてもらっています笑

      猫派犬派かと聞かれますが、小さい頃から家に犬が居た

      ので。

      犬派ですかね!

Q3 : 趣味などはありますか?

A : 夏は、スキューバダイビング(ライセンス有)に、冬は

      スノーボードですね!

      意外とアクティブです笑 運動の後の温泉巡りも大好きで

      す。特に山奥にある秘湯の温泉。

Q4 : 何故政治家を目指したのでしょうか?

A : やはり、それは東日本大震災での復興支援での体験です

      ね。

      あれはもう・・・・・

      (しばらく沈黙)

​      様々な人たちと関わりました。

​      行政にいたわけですが、復興計画の説明会などで住民の

      方々の意見を聞いているうちに その地に住んでいる住民

      の要望と、国が考える政策の方向性が違う方向を向いてい

      るということに気づいたんですね。

Q4-2 : そのときは行政側だったということですね

      はい。復興庁 宮城復興局 復興支援専門員として気仙

      沼の市役所で勤務していました。

Q4-3 : 気仙沼の被害もひどかったですか?

      それはもう。現場では困っている人を沢山目のあたりにし

      てきました。

      行政官僚はとても優秀なのですが、実際に社会の要望を拾

      えていなかったので住民の方々の中には国を憎むような

      場面もありました。

​      そういう困っている人たちがいるところで思いを動かさ

      れました。

Q4-4 : その辛い経験があったからなんですね

      その頃から人々のために何かできないか模索していたんで

      す。

      やっぱり、会社で働いていたら利益を追求し続けなければ

      いけない。公のために働くならと役所に入ったら入った

      で役所の指示に従って・・というのがおかしいと思った

      ので。

      おおもとを変えたい。

      そうしたところで、国に行くしかないと思ったのです。

      僕の考えは、政治の中の人がマンネリ化したり、おごり

      が生まれるからやっぱり競争力ある民主主義を目指さな

      ければならないと思っている。

      緊張感ある政治を目指していかなければならないと。

Q4-5 : それが大きなターニングポイントだったのですね

      自分よりも、そこに住んでいる方々の痛みを思うと。ね。

      ただ、行政側も地域の方々の思いは分かっているのだけれ

      ど「国で決められた政策」が時に邪魔をしている場合が

      あるのだと。三陸沿岸と一括りに霞が関は認識するけ

      ど、地域によっては、生業や地形が違っていたりする。

​      そういう政策のミスマッチをなんとかする懸け橋になり

      たいと切実に思いました。

様々な体験からそのような想いになられたのですね。ぜひともより良い社会の実現を目指していただきたいと思います。本日は、ありがとうございました。

上野かんじ 活動ギャラリー

復興庁での

住民説明会

介護福祉の

現場にて

青年海外協力隊

西日本豪雨災害

ボランティア

中学校での

国際講座

広島土砂災害時

ボランティア

西日本豪雨災害

縮景園にて

上田宗箇流茶会お手前

祭りに参加

原爆養護ホーム

にて法話

西日本豪雨災害

ボランティア受付センター

こども食堂

ボランティア

上野かんじ 献金について

上野かんじ お問い合わせ

Submitting Form...

The server encountered an error.

Form received.

上野かんじ アクセス

上野かんじ 事務所

〒735-0006

広島県安芸郡府中町本町5-9-1

TEL:082-258-4057 FAX:082-258-4058

©️上野かんじ 2020